Archive for 12月 2012

2007年カリフォルニア州・ロサンゼルスで結成したパンク、ブルーグラスバンド。

2007年後半ロサンゼルス、サンフェルナンド・バレーで結成。
2008年パサデナのバーで初めてのライブを行う。
2010年「Fat Wreck Chords」と契約。
2011年1月デビューアルバム『Guts n’ Teeth』をリリース。

<EP>
2010年10月 『For Better, For Worse』
2011年 9月 『Party Shack』
2012年11月 『Blood On My Hands』

<メンバー>
John Carey – ギター,ヴォーカル
Annie DeTemple – オートハープ,ヴォーカル
Jeff Fuller – ドラム
Joey Garibaldi – ベース,ヴォーカル
Ryan Markley – ウォッシュボード
John Rosen – バンジョー
Katie Weed – フィドル(ヴァイオリン)


2004年に結成されたアメリカ合衆国のサイケデリック・ポップ、フォーク・ロックバンド。

2000年代初め、エドワード・ドロストのソロプロジェクトとしてスタート。
2004年11月、エドワード・ドロストが”Grizzly Bear”のデビューアルバム『Horn of Plenty』をKanine Recordsからリリース。このアルバムはドロストのソロアルバムであるが後にドラマーとなるクリストファー・ベアも参加している。

2005年、ベーシストでありプロデューサーでもあるクリス・テイラーが加入。その後、Jazz-campからのベアの友人のギタリストでありボーカリストであるダニエル・ロッセンが加入。ロッセンは”Department of Eagles”のメンバーでもある。

2006年9月、2ndアルバム『Yellow House』をWarp Recordsからリリース。

2009年5月、3rdアルバム『Veckatimest』をリリース。全米ビルボード・チャートで8位を獲得。

2012年9月、4thアルバム『Shields』をリリース。

<メンバー>
Ed Droste (エドワード・ドロスト) – ボーカル,キーボード,ギター
Daniel Rossen (ダニエル・ロッセン) – ボーカル,ギター,キーボード
Chris Taylor (クリス・テイラー) – ベース,バッキングボーカル,管楽器,プロデューサー
Christopher Bear (クリストファー・ベア) – ドラム,パーカッション,バッキングボーカル

1.『Winter Gardens』
2.『Liar, My Dear』

3.『Save Our Souls』
4.『I Didn’t Think It Would Hurt To Think Of You』

5.『Delay, Delay』

6.『Jealous, Don’t You Know』

7.『Remorseful』
8.『Gorgeous』

アルバム1枚しか出てないので、ほとんどの曲は演奏されるのかと思いますが…


<Spiritualized>
1990年のイングランド中部ラグビーにて、“スペースメン3”の中心人物、ジェイソン・ピアースによって結成されたサイケデリック・ロック、スペース・ロックバンド。
バンドはアルバム毎にメンバーチェンジを繰り返し、ピアースを中心に全てが動いて、これまで6枚のアルバムを発売している。

<予想セットリスト15曲>(順不同)

『Ladies and Gentlemen We Are Floating in Space』

1.Come Together 
 
2.Ladies and Gentlemen We Are Floating in Space   
3.Stay With Me   
4.Electricity   

『Sweet Heart Sweet Light』

5.Hey Jane 
6.Mary   
7.I Am What I Am   
8.Headin’ for the Top Now 

『Amazing Grace』

9.Oh Baby   
10.Lord Let It Rain On Me 
11.Rated X
12.She Kissed Me (It Felt Like A Hit)   

『Pure Phase』

13.Electric Mainline   
14.Born Never Asked 

『Songs in A&E』

15.Soul On Fire

1988年にカリフォルニア州サクラメントで結成されたオルタナティヴ・メタルバンド。
2001年『Elite』でグラミー賞のベストメタルパフォーマンスを受賞。

2012年11月12日に7枚目のアルバム『Koi No Yokan』恋の予感を発売。

<結成>
Carpenter,Moreno,Cunninghamは幼い頃からの友達で、同じ高校に通っていた。今でも地元のスケートボード友達。
Carpenterは15歳の時にスケードボードをしている時に車に引かれ、数ヶ月間車いすで過ごした。
独学でギターを覚え、「Anthrax」,「Stormtroopers of Death」,「Metallica」などの曲をコピー。
事故を起こしたドライバーから和解金が払われ、それでバンドの機材を購入した。しかしCunninghamはあるインタビューで「バンドの結成は神話だ」っと言っている。
MorenoがCarpenterギターを弾くのを見て、Cunninghamを誘いセッションを始める。
1988年ごろから定期的にCarpenterの家のガレージで練習を始め、数人のベーシストと演奏した後、Chi Chengに落ちつき、デモをレコーディング。
その後2年経たないうちに、クラブでのライブを重ね、その後サンフランシスコやL.Aなどに演奏の領域を広げ、Kornなどのバンドとライブに出演。
L.AでのライブでMaverick Records代表のマドンナの目に止まり、レーベルと契約。

<バンド名について>
バンド名はCarpenterによって作り出された。
Hip Hopのスラング”def”(definitive最高のを短くしたもの)に接尾辞(単語の前や後ろにくっついて、元の単語の意味を別の意味に変えてしまう語)”-tones”(例えばDick Dale and the Del-Tones,The Quin-Tones, The Monotones, The Cleftones, and The Harptonesなど)をつけた。

<メンバー>
Stephen Carpenter ステファン・カーペンター ー リードギター(1970年8月3日生まれ)
Abe Cunningham エイブ・カニンガム — ドラム (1973年7月27日生まれ)
Frank Delgado フランク・デルガド — キーボード、DJ ( 1970年11月29日生まれ)
Chino Moreno チノ・モレノ— ボーカル、リズムギター ( 1973年6月20日生まれ)
Sergio Vega セルジオ・ベガ — ベース、バッキングボーカル (ポスト–ハードコアバンド『Quicksand』のベース)

Chi Cheng チ・チェン ーベース ( 1970年7月15日生まれ)
2008年11月4日、カリフォルニア州サンタ・クララで、交通事故に巻き込まれ昏睡状態になり、現在も意識不明だが容態は安定している。

<ディスコグラフィー>
Adrenaline (1995)
Around the Fur (1997)
White Pony (2000)
Deftones (2003)
Saturday Night Wrist (2006)
Diamond Eyes (2010)